沿革


昭和60年6月   厚生省から特別養護老人ホーム建設の内示

9月   起工式(工事着工)

10月   社会福祉法人認可

昭和61年4月   特別養護老人ホーム「岩本園」開設(定員50名)

9月   ひとり暮らし老人食事サービス事業開始

 リフレッシュ事業開始

平成元年1月   デイサービスハローホーム開設

 デイサービス事業開始(リフレッシュ事業終了)

平成2年6月   施設利用入浴サービス事業開始

平成3年3月   在宅介護支援センター事業開始

4月   ホームヘルプ事業開始

平成4年1月   富士市高齢者介護ホーム「ふれあいの家」運営開始

平成5年1月   在宅リハビリ等推進事業開始

平成6年7月   「ふれあいの家」デイサービスE型へ移行

平成6年12月   ひとり暮らし老人 緊急通報システム事業開始

平成7年4月   「ふれあいの家」デイサービス事業から富士市デイサービスセンター事業へ移行
ホームヘルプ事業、チーム運営方式となる

平成9年11月   高齢者世話付き住宅生活援助員 派遣事業開始(L・S・A)

平成10年4月   別館を増築(特養定員70名・ショートステイ20名)

平成12年4月   介護保険制度スタートと同時に岳陽会の各事業は、
介護保険法に基づく事業所の指定を受ける

平成13年4月   ケアハウス「コフレ・アントレード富士」開設(入居定員50名)

平成15年1月   デイサービスセンター「サルビア」開設

平成15年4月   在宅介護支援センター「サルビア」事業開始

平成18年4月   デイサービスセンター「ふれあいの家」地域密着型サービスに変更

平成19年8月   ケアハウス「慈恩」開設(入居定員28名・ショートステイ4名)

平成20年7月   障害者ケアホーム「なでしこ」開設

平成22年5月   デイサービスセンター「みもざ」開設(定員35名)
デイサービス「ハローホーム」をデイサービスセンター「みもざ」に移転統合

平成24年4月   富士北部地域包括支援センター(富士市より委託事業)開設

平成26年5月   特別養護老人ホームあおば 開設(定員29名)

平成27年5月   特別養護老人ホームあおば ショートステイ開設(定員10名)
特別養護老人ホーム岩本園 ショートステイ(定員20名から10名に変更)

お問い合わせ・資料請求

PAGE TOP