10年先も笑顔で働ける

岳陽会採用サイト

VOICE-先輩スタッフの声-

明るい笑顔が印象的!
前職は専門学校の入学事務兼ボイストレーナーだったという
相原由貴さんにインタビューしました

お仕事の内容は?

介護の様子画像1

【デイサービスセンター サルビア勤務】
デイサービスの利用の皆さんの支援、介助をしています。
利用者さんの気持ちや意志を一番に考え、ご本人が選択したことをなるべく叶えられるように、お一人おひとりの声に耳を傾けることを意識して業務に取り組むよう心掛けています。

この仕事を選んだ理由は?

介護の様子画像2

兄が自閉症であることから、介護職には昔から興味がありました。
母からピアノを教えてもらい弾いていたとき、兄が私のピアノに合わせて手拍子をしたり、体をゆすったりしていることに気付いたんです。それから音楽を通して兄とコミュニケーションをとるようになりました。
自閉症と利用者の方々のお世話は同じではないのですが、どこかに共通である「コミュニケーションの壁」を無くしたいと考えてこの仕事を選びました。

やりがいを感じる時は?

介護の様子画像3

利用者さんの笑った顔が見えた時です。
帰り際に「今日は本当に楽しかった」「ありがとう」と笑顔で話してくださる姿を見るととてもやりがいを感じます。
今日やったことを全部忘れてしまっても、その時その方たちが感じた気持ちや表情などは本物だと思うので、一瞬でもそんな表情が見えたり、言葉を聞けたときは、私自身の仕事への意欲につながり、逆に元気をもらえたりします。ですので、感謝と尊敬の気持ちを常に持ちながら、コミュニケーションをとるようにしています。

職場の雰囲気は?

介護の様子画像4

スタッフと利用者さんの距離がとても近く、イベントがある時などはみんなで団結して盛り上げようとするとてもよい雰囲気の職場です。ホーム長も率先してみんなを笑わせてくれます(笑)。
岳陽会を勤め先に選んだのは、以前実習に来た時に施設の雰囲気が明るくて、利用者さんが楽しそうにみえたからですが、入職してからもそのイメージは変わりません。

1日の一般的な流れ

シンガー

福祉シンガーソングライターとしても活躍中!

相原さんは、プライベートではシンガーソングライターとしても活躍中です。
Youtubeで動画公開中!
Youtubeチャンネルはこちら

ページの先頭へ